さっそく購入しよう

the capsules and drugs

もしもクラミジアの症状を感じてしまったら、早急に薬を購入することをおすすめします。ではクラミジアに効く薬はどのように購入していけばいいのか?購入方法を紹介します。

Read more

すぐ治すべき病気

the blister packs

クラミジアの感染は実はいろんな別の病気を引き起こしてしまう原因の根源となってしまいやすい症状になります。つまり下手に放置しておくとかなり危険なので、すぐ治さないといけません。

Read more

Man pouring capsules from a pill bottle into hand

検査から始めよう

the white tablets

クラミジアは性感染症の中で最も患者数が多い感染症で、口や性器などの粘膜の接触で感染します。男女共に感染する可能性がありますが、女性は感染しても自覚症状に乏しく、気づかないままにパートナーに感染させたり、不妊症の原因となってしまうことがあるので注意が必要です。クラミジアの潜伏期間は1週間から3週間程度で、症状が出たら遡って潜伏期間の間に性交渉を行った相手が感染者の疑いがあります。潜伏期間の最中にかゆみや痛みなど自覚症状はありませんが、菌は体内に潜伏した状態にあります。この期間に性交渉を行った相手には、無自覚で感染させてしまっている可能性があるので、検査を行うことをおすすめします。クラミジアを放置しておくと、HIVや淋病など他の性感染症に感染しやすくなります。

クラミジアの症状は男女で異なり、男性は尿道付近にかゆみや不快感を感じる場合が多く見受けられます。激しい症状ではなく微妙な不快感の場合があり、感染に気付きにくいのが特徴です。尿道から膿が出たり、炎症を起こして排尿の際に痛みを感じる方もいます。女性の場合は、おりものの増加や下腹部の痛み、不正出血や性行為の際の痛みなどがあります。しかし自覚症状が全くない方も多く、深刻な状況に陥ってしまう可能性も否定できません。クラミジアの潜伏期間はそれほど長くないので、異常に気が付いたら病院で適切な治療を受けることが大切です。近年では匿名で検査ができる検査キットが販売されているので、疑わしい場合にはすぐに検査を行いましょう。

いくらかかるか

the colorful medicines

クラミジアの治療に関して、大体いくらくらいの費用が必要になるのかを紹介しておきたいと思います。まずはあなたもこの数字を見てリアルな計算をしてみましょう。そしてならないように努力してください。

Read more